2014年09月一覧

大崎上島 2014秋 1日目夜釣り追加

その後ぴたりとあたりが止まり、22時ころ缶コーヒーを飲んで一服していると置き竿にしていた私の竿が引っ張られて海に落ちそうになった。 慌てて竿を持ち巻き上げてみると割と強い引き。 ピンボケになってしまいましたが、20cmほどのサバでした。 22時に帰る予定だったが、納得いかず23時まで粘ったものの、釣れたのは弟が釣った小さい蛸のみでした。

大崎上島 2014秋 2日目 中学校前でキス釣り

ロックフィッシュは一応釣れるには釣れたが、潮が少し高く穴釣りがやりずらい状況だったので、どうしようかと周りを見渡していると、ちょうど砂浜があることに気づいた。 ここは潮が引くにつれ現れる砂浜。 キスがいないかと投げ竿で石ゴカイを30mほど沖に投げてみると、予想的中竿先に反応があり。

大崎上島 2014秋 朝のファミリーフィッシング

お昼ごはんは釣り場のすぐ近くにあるきのえ温泉ホテル清風館に行き、刺身の盛り合わせ定食に舌鼓し、デザートには島で作られている米麹のアイスキャンディーをいただきました。 この温泉の露天風呂から見る瀬戸内海の景色は絶景です。 小さい半島の小高い丘の上にあるが、南東北は海で囲まれている。

大崎上島 2014秋 2日目 早朝野賀波止でマダイ

慌てて走っていくと、そこにはルアーマンが格闘中、かなり竿が曲がっていた。 魚影が見えない間は大きめのチヌでもかかったのかと思っていたが、海面近くに近づくにつれチヌとは違う赤っぽい色が見えてきた。 間違えなくマダイだった。 それも陸から釣れるサイズとしては最大に近いのではないか。 タモを持つ私の手にもかなり力が入ります。

大崎上島 2014秋 1日目のしめはキス釣り

石ゴカイを2cmくらいに切ってハリに指し、ハリ先が少しだけ出るようにした。 まずは50mほど投げズルズルとさびいて行くと、あたりが出るのは岸から20mほどのところ。 ハリがかりするキスのサイズはだいたい15cmほどだった。 たまに連掛けもあり、時にはこんな組み合わせもあるのでキス釣りは面白い。

大崎上島 2014秋 チヌの溜まり場

弟の話では雨の後には驚くなかれチヌが20匹ほど集まってくると言っていた。 実際見たわけではないが、普段はそんな光景を見たことが無い。 釣り方は集魚剤でチヌの活性を上げ、寄り付いたところにカニを投入するというシンプルなもの。 集魚剤無しでも釣れるときはすぐに釣れるそうだ。

大崎上島 2014秋ガシラヒットで開始

5年生のお姉ちゃんに早々に当たりがあったみたいだが、何かに引っかかったらしく私を呼んでいる。 娘と交代し手釣りの糸を手で引っ張ってみると、根掛かりしている? 違う、どうやら魚がどこかの隙間に入っているみたいだ。 糸をたるませ5分ほど待っていると魚が動き出したのですかさずお姉ちゃんに交代し、糸を手繰ると目の前に現れたのは

スポンサーリンク