家族サービスでサビキ

昨日の晩から娘達のいとこRちゃん(でも男子です)が泊まりにきていました。

今日は尼崎魚釣り公園へ小学3年生の長女と4年生のRちゃんとでアジを釣りに行くことに決定!

朝5:30に起床、少し雨がパラついています。

子供たちは道中爆睡、6:30に公園に着きました。

早々、売店のお兄さんが

今時合いですよ、底です。

と教えてくれたので、3人は急いで橋を渡り、釣台に向かいました。

橋の下はちょうど建物の影となり、雨をしのぐことができます。

スポンサーリンク

好スタート

サビキ6号を取り付けカゴにアミエビをたっぷり入れて、娘が投入するとすぐに17~18cmほどのアジダブルでヒット。

幸先良いスタートと思いきや、その後しばらくあたりが無くなりました。

Rちゃんは始めての釣りということもあり、退屈で退屈で、カゴにアミエビをつめてくれる役を志願し、ひたすらエサをカゴに詰めてくれました。

しばらく娘と2人で釣っていると、娘にまたあたりがあり、子供用の竿がグーンと曲がりました。

パパーっやって。

と竿を渡され、リールをぐるぐる巻いていると、0.8号のハリスがブチッと切れてしまいました。

どうやらボラが多いようです。

気を取り直し娘の仕掛けを付け替えていると、今度はRちゃんに生まれて初の当たりが、20cmくらいのアジがあがってきます。

その後もポツリ、ポツリと当たりがあり、Rちゃんは5匹釣ったところで一言。

釣れて無いのしーちゃんだけやで

と、小学校4年のくせに生意気な野郎だ!

しかも釣った魚自分ではずせないくせにと思いつつ。。。

とは言え本当に私だけアジが喰ってくれません。

やはり穂先が硬い投げ竿でかつ、サビキのハリが7号と少し大きいのが敗因かと思いつつ、しばらく我慢の時間。

ダイワマン登場

10時くらいにRちゃんがまた釣れはじめると、DAIWAのスーツを着たにーちゃんが、

ここいいですか

と我々の間に割り込んできて釣り始めた。

こいつ全く釣れてないのにカッコばっかりつけてる、しかも子供たちに釣りの指導を始めよった。

アミエビに集魚剤まで混ぜて寄せているだけなのに。

アジは口が弱いので小さいハリでないとだめだ

とテレビの釣り番組の受け売りのようなことをぬかしよる。

こっちは魚釣り公園の釣果情報を1月前にさかのぼって調査済み、

6号が一番釣れているんだよー

と心の中で思いながら無視していました。

またRちゃんにあたりがありました。

竿が大きく曲がりますがボラです。

さっき娘のハリスが切られたのもボラでした。

Rちゃんもサビキバリを1本切られ、その後2回続けてボラがかかり、やっとのことでタモを入れて引き上げました。

40cmくらいあり、Rちゃんはまたまた大満足。

無邪気に

食べれんの?

と言ってましたが、食べられないのでリリース。

12時に時合いがあり、私もここぞとばかりにアジを6尾ばかり釣り上げ、娘も3尾、Rちゃんもそれなりに。

結局トップはRちゃん13匹。

我々親子は11匹。

その後しばらくは小学校4年生に自慢話ばかり聞かされました。

DAIWAマンはどうなったかというと、たった1尾アジを釣り上げ帰っていきました。

にほんブログ村
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク