踏んだり蹴ったり竿折れた南芦屋浜

今回はついてない話です。

土曜の晩に1時間ほど仮眠をとり、キビナゴ持参で1時過ぎに出発しました。

いつものようにフィッシングマックス芦屋店でアオイソメアミエビを購入しました。

芦屋浜の東側角が開いていたので、計画通りそこで準備を開始、計画通りの仕掛けでメインロッドが用意できました。

スポンサーリンク

悲劇の始まり

2つ目の仕掛けもメインロッドと同じように作ってダイワの小継せとうちで投入。

欲を出して3つ目はアオイソメのウキ釣りをしようと、シマノ(SHIMANO) ホリデー磯 R 1.5号-530にウキをセットし、オモリをつけたところでメインロッドのウキが流れていたので回収しに3mほど移動、リールを巻いていましたが、無意識のうちに足は仕掛けを作っている場所に瞬間移動してました。

バキッ!

小さく軽快な音が聞こえました。

まさかと思いヘッドライトで照らすと見事に竿の先端、1番の根元から折れてました。

そこからは戦意喪失。

だからではないですが、全くタチウオのあたりはありません。

周りにいた10名ほども全くだめです。

全くあたりすらないまま夜が明けました。

6:00ころになり家族連れが続々釣り場に入ってきて、両隣の間隔は3mほど。

まあ、アジなら何とか釣れるだろうと、仕掛けを投入しましたが、かかったのはこれ3匹。

5,6cmのカタクチイワシのみ。

周りの家族は25cmくらいのサバ、15cmくらいのアジイワシをぽろぽろと釣ってましたが、私は全くだめ。

やはり気力の問題でしょうか。。。

思えば、その前の日に六甲山カンツリーハウスの管理釣り場で1000円払い、コイくらいすぐに釣れるだろうと高をくくって幼稚園の娘と1時間くらい粘りましたが、全くあたりなしでした。

このときも周りではぽろぽろと釣れており、中には70cm~80cmのコイを竹竿で釣られてました。

まったくツキに見放されたまま納竿。

でも、これだけではありませんでした。

さらなる悲劇が

妻曰く、毎週毎週自分だけ遊びほうけているので、バチがあたったのだと...

私も半分そう思いました。

自宅に帰って車から荷物を降ろし、マンションのドアを開けて階段を上がろうとしたまさにそのとき、

ガシャッ

といやな音がしました。

愛用のダイワの小継せとうちを落としたんです。

恐る恐る覗き込むと、先端の1番が折れてました。

1日に2本も折れるなんて。。。。

やっぱ、天罰でしょうか?

踏んだり蹴ったりの一日でした。

なおさなければ...

釣行データ

2013/11/17 晴 2:30~8:00 気温 10度 日出 6:34

 0:20 干潮 ( 0.2 m )  6:50 満潮 ( 1.4 m )

 12:20 干潮 ( 0.9 m )

【メインロッド】

竿  :SPORTLINE DG 波止カゴ遠投 4-450
リール:シマノ(SHIMANO) 12 NEW エアノス 4000番
ウキ :ハピソン(Hapyson) 白色発光ラバートップミニウキ 3号
オモリ:1.5号
ハリ :チヌ4号のワイヤー1本仕掛け
集魚 :ケミホタル50mm

スポンサーリンク