久々に南芦屋浜で大物の気配チヌか?

先日の日曜日、久々に芦屋浜ベランダに行きました。

久々に子供たち無しの釣行です。

今回は午後からだったので、ブッコミと夕方のサビキにすることにしました。

いつものようにフィッシングマックス芦屋店にてアオイソメ300円分購入。

サビキ用のアミエビブロックは前回釣行時に購入し、未使用のものを持っていきました。

スポンサーリンク

あ、スマホ忘れた

南芦屋浜に着くととりあえずミズノの駐車場に車を止め、ベランダを見渡し空いている東側へロッドケース、クーラー、タックルバッグを担ぎ、皆さんどのくらい釣れているのか見ながらとぼとぼと東の端までたどり着きました。

さすがに昼からということもあり、人は少なめで、魚も釣れているところは全く見かけませんでした。

とりあえず仕掛けが一番簡単な投げ竿の仕掛けを作りました。

ダイワ リバティクラブ サーフ T 25-390、リールはシマノ 12 NEW エアノス 4000に2号PEライン、力糸をFGノットで結び、ジェット天秤20号、その先に1.5号ハリス矢引き、流線鈎を結びました。

アオイソメを1本つけて30mほど軽く投げ込みました。

まずは投げ竿の様子を写真にとろうとポケットを探ると、

無い!

スマホを車に忘れてきました。

これではブログに乗せる写真が撮れない!

1キロほどあるベランダの端から端を戻らなければならないので、一瞬取りに帰ることを躊躇してしまいましたが、ブログを書くのが楽しみになっている私にとってそれはありえないことです。

でも釣りをする時間が短くなるのもいやなので、小走りで車に戻ることに。

途中、ベランダ中央の駐車場の空き具合を確認し、ミズノの駐車場までハアハア息を切らしながら10分弱で戻りました。

ベランダ中央の駐車場が空いていたので、車を出しベランダ中央に止めなおしました。

ミズノの駐車場は30分以内だったから?ゼロ円でした。

ラッキー!

ベランダ東で気を取り直し再開

ベランダ中央から東の端に戻りながら、釣行客の様子をスマホでカシャリ。

少し見えにくいですが、かなりのヨットが沖に見えました。

とても天気が良かったので気持ちよさそうです。

今回は人が少なかったので、東の角っこを陣取ることができました。

その後、もう1本ブッコミ仕掛けを作りました。

仕掛けの絡み防止はこの前考えついたこんなので。

10回以上はブッコミましたが、全く絡むことはありませんでした。

実験は成功です。

置き竿とは別に更にもう1本、道糸に小さめのサルカンをつなぎ、ハリス1.5号矢引きにチヌ鈎3号、鈎のすぐ上にガンダマ2Bを打って、アオイソメをちょんがけしました。

落としこみのように壁際をゆっくり沈めながら、竿を出した周り東西30mずつ位をくまなく探りましたが、まったく反応なし。

そんななか、レジャーボートがほとんど投げ竿で投げると届きそうなところを走っていきます。

ベランダの釣り客が見えてるはずなので、もう少し離れたところを通ればいいものを...

この日は17時にあがる予定だったので、16時くらいから投げ竿を残し、もう1本のブッコミ仕掛をサビキ用に変更しました。

大物の予感

壁から竿1本くらい先でサビキをバシャバシャやっていると、30mほど先に投げ込んでいる投げ竿の穂先が動きました。

目を疑いましたが、更にもう一回今度は少し小さく穂先が動きました。

半信半疑で竿を持ち、ラインを巻き取り聞き合わせをしてみると、カーボン25%、ほとんどグラスロッドが大きく弧を描きました。

手に重量が伝わってきます。

緩めていたドラグを少し締め、グイグイ巻き取ると水面に大きな魚影が浮き上がってきました。

偏光サングラス越しにチヌのお腹の部分らしき姿が見えました。推定40cmほどです。

後ろでギャラリー5人ほども見てます。

ラッキー!初の大物GETか?

と思った瞬間、竿が軽くなりました。

ハリス切れです。

ギャラリーからもため息が...

ちょい投げ小物釣り師から脱却するチャンスだったのに、残念。

なので写真を残すこともできませんでした。

その後、パリスを2号に変えましたがあたりなく、サビキをするも全く何もかからず、17時に予定通り納竿といたしました。

家に切れたハリスを持ち帰り、よくよく見てみると切られたのではないかと。

もしかしたらチヌではなく、ハネのエラはらいでハリスを切られたのかもしれません。

次回こそはブッコミで40cm以上を目指します!

釣行データ

2014/06/15 14:00~17:00 晴 気温 29度

日入 19:14 中潮

14:30 干潮 ( 0.0 m )  21:20 満潮 ( 1.6 m )

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク