食べてみたいアコウの刺し身

先日弟から写真が送られてきた。

イカ、網ですくえたりもするらしい。

シーバスイカをエサに釣れるらしい。

その中に高級魚のアコウ30cmがあった。

私も釣ったことはあるが、その時は冬だったので煮魚で食べたが、今まで食べてきた煮魚では最高レベルに匹敵する旨さだったと記憶している。

スポンサーリンク

夏のアコウは冬のフグに匹敵か

これがそのアコウの写真。

メタルジグが下あごに掛かってます。

私が釣ったときは、メタルジグではなく今は亡きキャスラバ(根掛かりでロストしました)で底を狙って釣り上げた。

正月釣行最終日、日が上がらぬうちに出発。 お土産用のメバルを釣るために、いつもの桟橋へ。 桟橋独り占めでメバルから 予想通り誰もお...

このアコウという魚、私は煮付けにするしか思い浮かばなかったが、実は刺し身が美味いというのは関西ではかなり有名な話らしい。

この刺身をどうしても食べてみたい。

この魚、買うとなるとそこそこ高いようで、30cmほどので数千円すると聞いたこともある。

昔から高級魚と呼ばれているが、最近では稚魚の放流がされたりして私でも釣れるくらいなので、結構釣れているようだ。

食べ方では刺身を押す人が結構いらっしゃるようだ。

夏場に食べるアコウ刺身の味は、冬のフグに勝るとも劣らない絶妙な味らしい。

フグの刺身は食べたことはあるので、やはりこのアコウの刺身どうしても食べてみたい。

アコウはどこで釣れる?

はっきり言ってほとんど知らないと言っていい。

阪神間では南芦屋浜で夏場にシラサエビで釣れたと。

なんとなくシラサエビを大量に売るための、釣具店の戦略のように思えて仕方ない。

どうやら色々アングラーの皆さんのブログやらなんやら調べてみると、捕食しているのはエビなどの甲殻類と小魚みたいだ。

陸から釣れるのは30cm前後、メタルジグなどのルアーやメバル狙いのワームにもヒットするらしい。

生息しているのは底に近いところだが、夜になると海面近くに浮いてくるので、メバル狙いのワームにも反応する。

阪神間では人工島の周りの敷石があるところが狙い目か?

南芦屋浜なら西側の敷石があるところ。

そういえば以前西側で釣っていたときにおじさんが現れ、芦屋浜の周辺でアコウがよく釣れていたと仰ってました。

じゃっかん、南芦屋浜に居ついた魚の刺身は抵抗があるが...

アコウの入手方法検討継続

刺身で食べるのはやはり自分で釣って、新鮮なものを食べるに限る。

釣れる場所をもう少し範囲を広げて調査継続することにした。

もしかすると、先輩からのお誘いで船で釣りに連れて行ってもらえるかもしれないので、その時がチャンスるかもしれない。

検討継続中。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク