【釣行記】六甲アイランド一覧

今日はアジの刺身をチビチビと味わう

近くで釣られていた方は、大き目のアジが釣れていたようだ。 遠くからの見てですが、尺越えのように見えた。 刺身にしたら旨いだろうな~と思いながら、氷締めにしていたマアジ5匹が入ったクーラーボックスの水を、普段ならボックスの下の栓を抜いて水抜きするところ、上蓋をあけてフェンス越しに海へ水を流してしまった。

行先変更 六甲アイランドでデカアジGET!

この時点でクーラーボックスは3/4くらい埋まっていたが、エサが残っているので仕掛けを自作ぶっこみサビキに変え、20m~30m沖に投入し、少ししゃくりを入れては待ち、またしゃくりを入れて待つという作戦にした。 ポツリ、ポツリと追加しているのを見られていたおじさんが声をかけてくださいましたが、ぶっこみサビキに気づかれました。

大アジならずも秋の味覚を食す

最近マイブームのぶっこみサビキ仕掛けで、水深が深いであろう沖合に投げ込んでみる。 大半は遠投のウキ仕掛けだったが、あたりはあまり無いようだった。 私のぶっこみサビキには、忘れた頃にあたりがある。 足元に落とした仕掛けでは釣れない場所なので、多少効果はあるとは思うのだが、お目当ての大アジは喰らいついてくれなかった。

六甲アイランドはまだまだマアジ釣れてます

早々にファミリーフィッシングの王道サビキの準備をして、娘と奥さんが釣り開始。 サバは釣れると横に激しく走り出すので、竿もかなりしなり楽しいのですが、暴れるので困ります。 サバが釣れることを予想して太めのハリスのサビキ仕掛けを用意していましたが、それでも仕掛けがグチャグチャにされました。 奥さんの竿にマアジがかかりました。

3連休最後はぶっこみサビキで食材確保、予定

その下にロケットカゴ、サビキ仕掛け、ナスオモリの順番になっている。 このロケットカゴはエサがでる窓を仕掛けを回転させて調節できるようになっている。 このカゴを水中でフローターが立たせるので、下に向かってアミエビが少しずつサビキ仕掛けの周りに落ちていき、エサと間違えて大きなマアジがハリをくわえてしまうという優れものだ。

六甲アイランドでサビング?

アジをワームで釣るのがアジング、メバルの場合メバリング、カマスの場合カマシング、ではサバは? 名前の最後の文字の母音をiにして発音するものと推測するとサビングが正解でしょうか? その後も2匹ほど追加しました。 25cmほどのサイズのサバはご存知のようにかなり走ります。

六甲アイランドパーク、フカセで?

サバの猛攻をかわすために、ガン玉を追加して少し沈める速度を早くしたり、ウキの号数を変えてみたりと工夫してみたが、どうもうまくいかない。 雨もポツリポツリ降り始め、慌てて準備していたレインコートを着込むと、ザーっとかなり強い雨になった。 この時点で釣り人は蜘蛛の子を散らしたようにいなくなり、釣り場は10人以下となった。

六甲アイランドではアジ炸裂、タチウオ目の前で逃す

奥さんと下の娘を呼びました。 タチウオを釣り上げるところを見せてやろうと巻いて引き寄せ、海面近くに銀色のきれいな姿が見えてきました。 二人とも魚影を確認した瞬間悲劇が... 抜きあげようとロッドの先を少し下に向けたときに、ラインのテンションがかからない状態ができてしまって。 その瞬間、100cm近い

スポンサーリンク