六甲アイランドのめくりアジ攻略方

2017/06/18に六甲アイランドでめくりアジ5匹を釣り上げた。

サイズはいずれも20cm以上、最大22cmと少し小ぶりなのかもしれないが、黄金の輝きがあり、体高が高く、お腹を開くとびっしりと脂が詰まっていた。

刺身にして食べると今まで食べてきたアジの中では最高レベルの味わい。

このめくりアジの釣り方についてあくまで素人の発想だが、まとめてみる。

スポンサーリンク

釣れたポイント

六甲アイランドマリンパークの岸から10~15mのところ。

ここはおそらく人工島の敷石が海底に到達したところぐらいではないかと思う。

オモリに泥がついてきたので、海底はおそらく砂地ではなく泥が溜まっているようだ。

敷石から沖にはあまり障害物は無いようなので、ぶっこみサビキでオモリを底まで投げ込んでも大丈夫だ。

ただし仕掛けを回収する時、5mほど手前まで来た時には竿を立てて敷石に掛からないように引き上げること。

ちなみに、底近くをルアーで狙っていたが、ジグパラは回収時に敷石にひっかかりロストしてしまった...

1.4mほどのサビキ仕掛けで喰ってきたのは上から2,3,4番目のハリ。

底から50cmあたりを敷石に沿って回遊しているようなので、パーク全面で狙えると思う。

その他、兵庫突堤でも釣れている、芦屋浜あたりでも少し沖を狙うと釣れそうな気がする。

機会あれば試してみたい。

仕掛けはぶっこみサビキ

みなさんがよく使われている下カゴのサビキ仕掛けと違い、エサをロケットカゴに入れカゴの上に付けたシモリ玉が海中で仕掛けを立て、ロケットカゴの穴からジワリ、ジワリとアミエビが海底に向かって落ちていく、これがぶっこみサビキ仕掛け。

エサを落とす量はロケットカゴの穴の大きさを大きくしたり、小さくしたりして調整できる。

今回は下の写真のように、小さい穴2つに固定し、少しずつエサが長い時間をかけて落ちていくようにして、置き竿であたりを待った。

市販の物もフローター、ロケットカゴ、サビキ仕掛け、オモリがついて450円くらいで売られているが、自作すると2個は作れるので自分でやってみよう。

この仕掛けの下に今回はフィッシングマックスさんで一番安いピンクサビキを取り付けた。

3枚入って420円くらいなので、1枚当たり140円ととってもリーズナブル。

ポイントは幹糸の太さ、重い仕掛けを少し投げるので2号くらいの太さは欲しい。

エサはチューブ入りアミエビ

強力集魚!!とかかれたアジマックス入りのアミエビ、チューブタイプがロケットカゴを使うときにはぴったり。

ロケットカゴを2つに開いて入れると、ちょうどカゴの中に程よく絞り出されていく。

7~8分目まで入れると、海中に投げ込むと海水がアミエビとロケットカゴとの間に入ってきて、少しずつほぐれていって徐々に穴から放出される

一杯に詰めているとどうもうまくほぐれないようだ。

仕掛けを回収したときにアミエビが残ってしまっていた。

ぶっこみサビキ仕掛けで使う道具

私が使っている竿は遠投磯竿4号だ。

サビキ釣りでは3号が程よいとよく記事を見かけるが、少し遠投したりもするので4号がおすすめ。

投げ竿ではなく、磯竿なので穂先は程よく柔らかく、大きいマアジのあたりは視覚的にバッチリわかるくらいしなってくれる。

これにダイワの安いスピンングリール2500番ナイロンライン3号を巻いて使っている。

PEラインでも良いのかもしれないが、口が弱いと言われるマアジ

ナイロンラインだと程よく伸び、マアジが仕掛けに猛烈にアタックしてくる衝撃を吸収してくれるような気がする。

ナイロンラインにウキ止め、誘導サルカン、ストッパーをセットしておけば、ウキを取り付けるだけでウキ仕掛けに早変わり。

上層の魚を発見したときには作戦変更できる。

釣り方はシンプルぶっこむだけ

ぶっこみサビキなので基本はポイントにぶっこむだけだが、すこしだけ工夫した。

ぶっこみサビキは重心が一番下のオモリと、ロケットカゴ部分にあるので、多少サミングしてオモリが先行するにする。

ポイントより少し沖をめがけて投げ込み、着底したところでポイントまで仕掛けを移動させる。

ポイントにたどり着いたところで2、3回ロケットカゴをゆすってアミエビをほぐす。

その後は、自然とカゴから放出され漂うアミエビにめくりアジが寄ってくるのを待つのみ。

エサを出す穴の大きさによるが、今回は10分に1回くらいはエサを詰め替えた。

あとはのんびりあたりがあるのを待つのみ。

この時点でクーラーボックスは3/4くらい埋まっていたが、エサが残っているので仕掛けを自作ぶっこみサビキに変え、20m~30m沖に投入し、少ししゃくりを入れては待ち、またしゃくりを入れて待つという作戦にした。 ポツリ、ポツリと追加しているのを見られていたおじさんが声をかけてくださいましたが、ぶっこみサビキに気づかれました。

めくりアジが釣れた時間帯と気象情報

当日の天候は曇り、気温23℃くらい。

少し風はあるものの釣りに影響するような強風ではなく割と穏やかな天候だった。

小潮で干潮は9時台、潮の干満の差はすごく少なかった。

クラゲがずっと同じ場所にいたので潮もあまり流れなかった。

海の色は海面から50cmくらいしたが見えるくらいで、あまり透き通っては無かった。

釣れた時間は以下のとおり。

5:30 2匹

6:20 1匹

8:50 2匹

群れはあまり大きくないようだが、2匹ついてきているのでもしかすると追い喰いを狙うと3匹、4匹とかかるかもしれない。

20cm~22cmを5匹。

めくりアジの証拠と味は?

めくりアジの特徴は20cm越えで黄金に輝き、脂が乗っていること。

サイズは十分、輝きはこんな感じ。

光の加減によるが金色に輝いている。

あとは脂ののりであるが、お腹を開くとキモは普通のマアジよりもかなり大きく肥大しており、白い脂の塊がお腹の中に大人の親指ほどの大きさであった。

これを刺身と塩焼きで食べてみたが、おすすめは刺身

かなり旨い、スーパーで売っているマアジの刺身とは全く別物だ!

脂がのっていて旨みが凝縮されている。

一度この味を味わうと普通のマアジの刺身では物足りなくなる。

塩焼きも脂がジュワット染み出てきており、サンマとまではいかないがかなり身がジューシーで旨みがある。

こんな絶品を食べられるのは料亭だけと聞いたことがあるが、まさにそれだけの価値はある。

この釣り、一度経験すると病みつきになるかもしれませんよ。

この記事を参考に是非お試しください。

スポンサーリンク