かぶせ釣りでチヌ釣ったんや~

GW以降仕事が忙しく、休みの日曜日も田植え、法事、子供の運動会となかなか海に行く機会がない日々が続いている。

またまた釣り師匠の弟からLINEで写真が送られてきた。

相変わらずの素晴らしい釣果、釣りに行きたい病が発症してきそうだ。

スポンサーリンク

かぶせ釣りでチヌ

GWに自分もやったかぶせ釣り、カキで40cmのチヌを釣ったそうだ。

確かにGWのかぶせ釣り途中、コブダイではないチヌらしき、コツコツと割と小さいあたりがあった。

コブダイの場合は向こう合わせで勝手にぐいぐい引っ張ってくれるので、合わせのタイミングも何もないのだが、チヌは違うようだ。

以前、釣りの長寿番組「釣りごろ釣られごろ」でカキの筏からかぶせ釣りでチヌを釣っているの見たことがあるが、かなり微妙なあたりを合わせていたのを覚えている。

けっこう難しいのかもしれない。

釣ったチヌは刺身で食べたそうだが、身が引き締まってコリコリとした歯ごたえでとっても美味しかったそうだ。

次回芦屋浜の釣りではカキの代わりに岸にへばりついているイガイでかぶせ釣りをやってみたいと思っている。

ルアーでさくっとイネゴチ

最近は小さめのメバルウマズラハギなど釣っている師匠であるが、仕事帰りにさくっとルアーでイネゴチも釣ったそうだ。

こちらは42cm、GWにも釣っていた。

マゴチとは違い、目玉が大きく斑点模様の愛嬌ある顔の魚だ。

マゴチと同じく砂地に潜んでいるらしいが、この魚もルアーに反応するんや~。

私はGWに煮つけで食べたが、肉厚でカレイの煮つけと違いわりと歯ごたえがあった。

師匠は刺身と汁で食べたらしいが、刺身は絶品、汁は上品な味だったらしい。

ほんと、綺麗な海が近いって食材確保もすぐにできるし楽しそうやな~。

後1月もするとアジの回遊が始まり、今度はサビキ一本父の自慢話がきけることだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク