石垣島釣行2014 最終日は流星群の中でアヤメエビス

いよいよ2014年の石垣島最終日。

朝4:00に起き、昨日行ったミーバイ養殖場前に直行。

スポンサーリンク

ミーバイ養殖場前で赤がキレイなアヤメエビス

写真は6:00頃ものだが、この場所に朝4:00に行ったので真っ暗の中での釣行となった。

かなり風が強く白波が立ち、時折小雨が降っている。

もちろん当然だ~れもいません。

投げ竿にはタマン仕掛で、エサはイカの短冊。

まずは50mほど投げて起き竿にした。

ライトタックルのほうはいつものダイワ小継せとうち 2-39・Nシマノ ’11エルフ C3000の組み合わせで、道糸2.5号、中通しオモリ3号、ハリス1.5号にキツネバリ5号。

エサはイカを長さ10mm、幅5mmほどに短冊状に切ってつけてみた。

こちらは20m~10mの間を探ってみる。

1時間ほどミーバイ養殖場前の200mほどの岸壁を行ったりきたりした。

時折雲の合間に星空が見える。

2014/08/13は丁度ペルセウス流星群が見える日だった。

南の空に運良く1つだけ流れ星を見ることができたが、一瞬のことで

大物が釣れますように

と、事前に考えていた願いも唱えることができずじまい。

5:30頃ようやく探り釣りに1匹かかってくれた。

12cmほどのアヤメエビス

幸運にもこの小さなきれいな赤の魚を釣ることができたが、これも心の中の願いが流れ星に届いたおかげか?

あとはま~たくあたり無し。

タマン釣りしている人の近くで釣ってみる

明るくなってきて場所を前の日に釣りたかった養殖場の隣の、景色がとっても良いエリアに移動した。

ここは地元のおじ~やおば~も朝散歩に立ち寄るみたい。

観光客らしい人もポツリポツリと景色を見にやってきた。

釣れるか釣れないかは別として、気持ちよく投げ釣りをしたかったので、と~ってもきれいな景色の中に25号のオモリを投げ込みた。

ご想像通り、な~んにも釣れません。

先客が1名と私の少し後に1名タマン竿の釣り人がいました。

しばし景色を楽しんで石垣島の釣りを終えた。

あとで潮が引いたときに来てみると底はこんな感じでした。

ご参考までに。

米原ビーチで最後のシュノーケリングを楽しむ

飛行機の時間までに名残り惜しい石垣島を堪能するため、米原ビーチへでかけシュノーケリングをした。

運良く新しいポイントでニモを見つけることができ、奥さんも子供たちも大満足。

最終日の石垣島を思う存分楽しみ帰路につきました。

次回来ることがあれば今度こそはタマンロウニンアジ(GT)を釣上げるぞと、硬く誓うこともなく、少しだけ思った次第です。

石垣島2014最終日の釣果は

アヤメエビス 1匹。

わずか12cmの小さい魚でしたが、阪神間では釣ることができないので記念になる1匹となりました。

釣行データ

2014/08/13 4:00~8:00

日出 6:17 中潮

2:40 干潮 ( 0.6 m )  8:35 満潮 ( 2.1 m )

にほんブログ村
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク