2015石垣島釣行 初日はのんびり

朝5時起床、6時出発。

自宅から神戸空港まで車で1時間、神戸空港から那覇での乗り換えを含め、合計6時間かけて石垣島に到着。

スポンサーリンク

まずはイカスミジューシーで腹ごしらえ

いつも行ってる舟蔵の里で八重山そばとイカスミのジューシーを堪能した。

そこから白保地区にある民宿に向かった。

途中勿論、島の釣具屋、通称 しま釣具に立ち寄った。

ここはかなりの品ぞろえがあり、関西の量販店とはいかないが、店一杯に商品が並んでいる。

あれやこれやと迷いつつ、リーフで威力を発揮するだろうスプーンを購入。

白保の宿にチェックイン後、休む暇もなく早々米原海岸に向かった。

米原ビーチでニモ

到着と同時にシュノーケリング開始。

30分ほどの捜索でニモ発見。

最近心ない人がカクレクマノミを持ち帰るそうで数が減っているらしい。

とても残念です。

しばらく石垣島の海を堪能していたが、夕方ということもありだんだん日差し弱くなり、寒くなってきたので17:30で終了とした。

夕飯は地元スーパーで買ってきた地元の食材を調理し、お腹が一杯になったところで、ようやく出撃許可が下された。

サザンゲートブリッジにて

20:30から23:00までサザンゲートブリッジの下でルアーを試す。

最初はテキサスリグからはじめ、スプーン、ワーム、ミノー、最後には練り餌も試してみたが2バイトのみ。

何もかからず、寂しい初日となった。

魚はいるようで、サヨリらしき魚影、小魚、60cmほどのヤガラも見えた。

また大きそうなのもいるようで、時おり40mほど沖合で跳ねているのが見えた。

以上、石垣島からのレポートでした。

明日に続く

にほんブログ村
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク