2015石垣島釣行 早朝の白保海岸

朝6時に起き、宿の近くにある白保海岸へアジングロッドとトラウト用のスプーンを持って子供達と一緒に出撃。

スポンサーリンク

アーサーの中で小魚探る

娘達がサンゴを探している間、水深20.cmしかない波打ち際で、無数の魚達が動き回っているのが見える。

魚達の中にスプーンをキャストすると、ガッツっとあたりがあるが、なかなか乗らない。

アーサ(アオサ)をハリがかすめ、あたりなのかアーサにハリがかかっているのかわからない。

しばらくキャストを繰り返し、水面ギリギリにスプーンを滑らす引きが方でようやく待望の1匹が釣れた。

魚の名前はわからないが、15cmほどの小さい魚だった。

嬉しくて思わず娘たちに見せたが、流石小物釣り師と言われてしまい、リーフの大物を釣る方法を考えてしまった。

他の釣り人2人が遠浅の浜を腰まで浸かりながら移動しているのが見えた。

明日はこれだと心に誓いながら、30分ほどの水遊びを楽しんだ。

石垣島、早朝の白保海岸からの報告でした。

つづく

にほんブログ村
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク