ファミリーフィッシングの王道秋の風物詩ハゼを堪能

先日須磨の帰りにちょこっとだけ武庫川へ行ってきた。

この季節ハゼ釣りが旬で、阪神武庫川駅を降りるとかなりの釣り人がいる。

駅から南に向かって5分ほどのところ、阪神高速3号神戸線の高架よりも少し南側で始めた。

スポンサーリンク

色々なハゼの釣り方

この高架よりも少し北側に堰があるが、そこよりも北は真水で南が汽水域になっているようだ。

皆さん色々なスタイルで釣りをしている。

延竿、ルアーロッド、投げ竿。

ミャク釣り、ウキ釣り、ルアー釣り、短竿で足下狙いもいた。

年齢層も色々で子供からご老人まで幅広く、まさにファミリーフィッシングの王道だ。

私も準備を始めた。

竿先が柔らかいグラス磯竿TIGA 波止万能 麒麟 270にPE0.8号を巻いたシマノ ’11エルフ C3000、仕掛けは胴突き仕掛けです。

PEの先に付けた3号フロロカーボンのリーダにサルカンを付け、その先に1号ハリス25cmほどを結び、自動ハリス止めと赤いナスオモリ2号、鈎は狐鈎5号だ。

餌は須磨で余った石ゴカイを使った。

第1投目は岸から3m先に落としましたが、いきなりあたりがあったがハリ掛しない。

でもPEラインの威力はすごく、ナイロンラインとは違いあたりがダイレクトにびんびん伝わってくる。

2投目も同じように岸から3mほどのところに落とし、今度は当たりがあると即合わせを入れてみた。

すると運良くハリ掛りしてくた。

12cmほどのマハゼだった。

幸先良いスタートだ。

あたり連発マハゼ

その後、次々と当たりがあり。

30分ほどで5匹釣れたが、その後当たりが止まったので、下流へ200mほど場所を移動してみたがが全く何も反応なし。

何も釣れず1時間ほど経過した時点で、阪神高速3号神戸線の高架下に移動した。

ふとYouTubeでこの場所でのハゼ釣りがアップされていたことを思い出した。

もしかすると高架の影になっており、橋脚周りは流れが複雑になっており、ハゼのエサが集まるのではと。

あくまで勝手な想像であるが岸から一番近い橋脚の手前5mほどのところに仕掛けを落としてみる。

ピョンピョン仕掛けを踊らすイメージでラインを巻くと、思ったとおり当たりがあり、合わせると掛かった。

15cmほどのマハゼだ。

このポイントは魚影が非常に濃くあたりでした。

その後5投連続でマハゼが掛かった。

サイズは12cmから16cmくらいまで。

ここのポイントでは30分で15匹ほど釣れ、結局最終的には2時間で20匹ほど。

今回魚は持ち帰る予定がなかったのですべてリリース。

それにしてもハゼ釣りは楽しいです。

こんなに簡単に釣れるとは予想外だった。

楽しくするにはハゼのいるポイント探しが重要であることもよ~くわかった。

誰でも簡単とても楽しい釣り。

皆さん是非お試しください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク