2014大晦日の夜はメバリング

昼間に実家近くの岸壁で小さいメバルと思われる魚と、チヌを見ながら喰ってくれないかとアクションの練習をしました。

スポンサーリンク

近くの桟橋でメバリング開始

夜はメバリングです。

実家近くの港の桟橋へ弟とその息子(6年生)と行き、ヘッドライトを照らしながらの釣行です。

桟橋には常夜灯があり人気のスポットで、先客が2名いらっしゃいました。

タックルは先日購入したプロックス 四代目根魚権蔵(軟派) 70MFにリールはPROXゼロワン。

これにフロロカーボンの0.8号のラインを巻き、自作ジグヘッドを直結しました。

ワームはエコギア メバル職人 ミノーSS 1-1/2インチをつけました。

開始して20分ほどは昼間に引き続き、メバリングの練習です。

ジグをキャストしていろんな層を探っていきました。

基本はタダ巻きです。

一応小さいながらメバルがワームを追っかけてくるのが見えます。

場所を色々替えながら巻いていると、突然竿先が重くなりました。

巻き合わせのような感じでフッキングできました。

掛かったのは待望のメバルでした。

大きさは13cmほどでしたが、人生初のメバリングでの釣果だったので、かなりうれしくなり、甥っ子にわざわざ見せに行ってしましました。

場所移動で甥っ子メバル追加

1時間ほどで1匹しかつれなかったので、野賀の桟橋に移動しました。

すると、今度は甥っ子がエギングロッドで、メバルをゲットです。

私のと同じくらいの大きさでした。

その後、30分ほど粘りましたが、とっても寒かったので納竿とすることに。

たった1匹でしたが、とってもとっても楽しいひと時でした。

つづく。

釣行データ

2014/12/31 20:30~22:00 日入17:09 晴 長潮 気温2度

17:40 満潮 ( 2.7 m )

にほんブログ村
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク