雨の日のすごし方

本日も台風による雨のため、釣行中止です。

良い機会なので折れた竿を改造して小物釣り用のロッドを作ることにしました。

材料は何かと重宝していたポケット磯竿の残骸。

スポンサーリンク

材料

1.穂先60cmほど

2.リールシートが付いてるグリップ

3.グリップに穂先を固定するための円柱の木材

  (ホームセンターで80cmで120円くらい)

4.接着用のエポキシ系接着剤

  (少量でOK)

5.色つけようのラッカー(黒)

img_1746

工具

1.電動ドリル

 木材にロッドを穂先をねじ込むための穴空け用。

2.ナイフ

 木材をグリップエンドの中に装着するための整形用。

3.ヤスリ

 木材を整形するためのヤスリ。

工程

1.グリップドに固定する木材の削りだし。

 グリップの先端に穂先固定用の部分を出すため、グリップエンドから木材を挿入します。
エンドが太く先端が細いため、グリップの形状に合うように木材をナイフで削ります。

img_1747

 写真1

2.先端部分はヤスリで角をとり、

 ラッカーで色づけします。(写真1 丸印部分)

 写真1丸印部分にドリルで深さ5cmほど穴を開け

3.グリップエンドから加工した木材を挿入します。

 (写真2)

img_1748

 写真2

4.穴にエポキシ接着剤を注ぎ、穂先を差し込み、乾燥するまで待つこと1時間。

5.出来上がり

大阪漁具さんの小型リールを取り付けるとこんな感じです。

img_1744

わずかな材料費でハゼカワハギなどの小物つり用竿ができて満足満足。

問題はこれがいつ使えるのか?ですが...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク