六甲アイランド沖で神戸市の野望を見た

神戸市が六甲アイランド沖にとてつもない人工島を作ろうとしている。

先日、先輩のジェットボートに乗せていただき、神戸港周辺を散策してきた。

よく釣りに行く行く六甲アイランドから南に見えている防波堤。

その向こうの人工島の近くまで行ってきた。

六甲アイランドからはかすかに埋め立て中の人工島が見える。

それは計画の一部で実はとてつもなく広大な島を作ろうとしていたのだ。

スポンサーリンク

六甲アイランド沖7坊の南側を偵察

六甲アイランドから南に600mくらいのところに、7防と呼ばれる沖堤防がある。

その西の端に7坊灯台とよばれる赤い灯台があり、その西側を進んで行った。

六甲アイランドから見る堤防の浦に回り込んでみた。

すこし東へ移動すると何やら見慣れない構造物がある。

近づいてみるとタイヤのような形になっているが、アミの中に石が入っているようだ。

その向こう側には埋め立て中の人工島がある。

どうやらこの構造物が人工島の外枠となり、囲った中を埋めていくようだ。

こりゃぁ~あきまへん!

このあたりの潮の流れをせき止めとる。

回遊する魚は釣れないかも。

もしかすると、この構造体にはすでに根魚達は住み着いているのかもしれない。

先輩がこの周辺でライトトローリングをしようと考えていたらしいが、潮通しが悪いのでブリやらサワラなどの回遊魚は無理なような気がする。

神戸市の野望全貌はロジスティクスターミナル

家に帰って調べてみるとざっくりとこんな計画だった。

神戸市は2050年までに神戸港ロジスティクスターミナルという大型のコンテナターミナルを整備するらしい。

広さは333ヘクタールなので、甲子園球場86個分相当だ。

近くの六甲アイランドが595ヘクタールなので、半分よりも少し広い。

そこへ加工・製造業者も誘致し、生産拠点を東南アジアやインドへから日本へ取り戻したいらしい。

日本の高度な技術力で付加価値を付けた製品を作り、神戸港の需要を高めるのが狙いということだ。

 神戸市は18日、開港150年目を迎えた神戸港の約30年先を見据えた将来構想をまとめた。市民や観光客が港をより実感できるようにウオーターフロントの再開発に取り組

この島に行くには当然橋が必要になる。

長さ600mほどの橋が六甲アイランドの南、マリンパークから渡される。

不良長寿の薬でも出来上がらない限り、この島が出来上がるころにはよぼよぼのジジイになっていることだろう。

生きている間にこの島に渡り新しい釣りをしてみたい。

冥途の土産にブリでも釣るかぁ~。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク