かぶせ釣りでチヌ釣ったんや~

GWに自分もやったかぶせ釣り、カキで40cmのチヌを釣ったそうだ。 確かにGWのかぶせ釣り途中、コブダイではないチヌらしき、コツコツと割と小さいあたりがあった。 コブダイの場合は向こう合わせで勝手にぐいぐい引っ張ってくれるので、合わせのタイミングも何もないのだが、チヌは違うようだ。

GW釣行最終日は磯の暴れん坊コブダイ

丁度良いウキの沈み具合、軽く竿を立てて合わせを入れると予想外の手応え。 いきなり竿が大きくしなり、少しだけ緩めていたドラグが鳴りまくる。 この引きは大型のチヌか? ラインがどんどん出ていくので竿を垂直に立て、ドラグなったままリールを巻く。 やっと写真撮れた。

2017GWファミリーでキス釣り

それではと、渾身の力を込めて3号ジェット天秤をシーバスロッドで遠投すると、80mくらいは飛んだと思う。 糸ふけを巻き取り少し仕掛けをとどめてあたりを待ち、何も反応なければまた少し巻き取る。 これを繰り返していると、60m付近でエサを引ったくるようなあたり。

2017GWモンスターコブダイの引き堪能

5月4日は小潮、朝5時頃満潮で潮が止まっていた。 そこにカキをばらまき、半分殻を取ったカキにハリを付け海中にゆっくり投入した。 海底に着地すると少し糸を巻き、カキを海底から少し浮かせて糸にテンションがかかるようにしてあたりを待った。 待つこと10分、5時50分いきなりガツンと竿に衝撃が走り、インターラインの船竿は90度に曲がった。

2017GW大崎上島初日はキス不発

サビキの先に赤いオモリ、蓄光サビキ仕掛けにアオイソメをひっかけ数投する。 キス仕掛けと同じようにまずまず普通にさびくことができるが、あたりはない。 やはり去年と同じくキスはいないのか? 色々考えながら20投くらいでオモリを障害物にひっかけてしまった。

芦屋浜のかぶせ釣りの可能性

春から夏にかけて芦屋浜ベランダの足元にはイガイがたくさんつく。 イガイをとるカゴをタモの柄に付けてガリガリとこそぐと、カゴの中にたくさんの貝がカゴの中に入った。 あまりやったことが無いのでたまたまかもしれないが、結構簡単にたくさんとれた記憶がある。

2017GWはコブダイ狙う!

去年GWの時にも弟はダンゴ釣りでコブダイらしき魚をかけた。 私もその時隣にいて、数十メートルラインが出ていったのをまじかで見て驚いた。 とにかくすごいパワーだ。 先週もコブダイらしきあたりがあったそうだが、その時はハリスを切られたらしい。

4月の芦屋浜はフカセふはつ

昨日の晩、チヌ釣りの名人ある大地さんと広島大学のチヌの研究をされている先生が出演されているテレビの録画を見たもので、影響されてしまった。 大地さんと言えば遠投フカセ。 マキエは底まで沈むように念入りにコネ、何回か海中に投げ込み沈む様子を確認した。 これもまた大地さんが練りエサを使っておられたので、買ってみた。

スポンサーリンク