南芦屋浜でかぶせ釣りの可能性

春から夏にかけて芦屋浜ベランダの足元にはイガイがたくさんつく。 イガイをとるカゴをタモの柄に付けてガリガリとこそぐと、カゴの中にたくさんの貝がカゴの中に入った。 あまりやったことが無いのでたまたまかもしれないが、結構簡単にたくさんとれた記憶がある。

2017GWはコブダイ狙う!

去年GWの時にも弟はダンゴ釣りでコブダイらしき魚をかけた。 私もその時隣にいて、数十メートルラインが出ていったのをまじかで見て驚いた。 とにかくすごいパワーだ。 先週もコブダイらしきあたりがあったそうだが、その時はハリスを切られたらしい。

4月の芦屋浜はフカセふはつ

昨日の晩、チヌ釣りの名人ある大地さんと広島大学のチヌの研究をされている先生が出演されているテレビの録画を見たもので、影響されてしまった。 大地さんと言えば遠投フカセ。 マキエは底まで沈むように念入りにコネ、何回か海中に投げ込み沈む様子を確認した。 これもまた大地さんが練りエサを使っておられたので、買ってみた。

釣りをした時の運動量をfitbitで計測

先週の日曜日に釣りに行った時に普段よりもどのくらい運動量が増えるのか検証してみた。 釣りをしていた時間帯は2017/03/19 7:20~12:20の間。 天候は晴れ、最低気温6℃ 最高気温16℃だった。 移動距離は「須磨の浦」と書かれているところから、「神戸市立須磨海づり公園」の2つ手前の突堤まで約1Kmを往復なので、直線距離で2Kmほど。

今シーズンの開幕戦、須磨に砂丘ができていた

何じゃこりゃ〜! いつものように吉川釣具店さんに行き、エサを買ったときに駅前のことをお聞きしてみた。 ご主人いわく、100m沖まで砂を入れるそうだ。 確かに砂がてんこ盛りになっていた。 水深2mほどまで埋め立て、100m沖に砂の流出を防ぐための魚礁を置くとのこと。 5月19日まで工事が続くらしく、釣りへの影響がわかるのはGW開けてからになりそう。

釣り活しながら体を絞る

先日発見したLifelogアプリが色々使えそうなので、ソニーのスマートバンドを色々見ていたが、どうせ買うのなら心拍計がついたのが欲しいと思い出し色々探していた。 自分は知らなかったが、かなり流行っているのだろうか?アメリカ製、日本製、中国製など何十種類という活動量計があることが分かった。

スポンサーリンク