釣りでおなじみの素材が傘で使われてた

売り場に行くとまず目に飛び込んできたのがカーボン傘。 骨の部分がカーボン素材で作られていて、カーボン製ロッドのように持ってみるととにかく軽い。 感覚的には65㎝サイズの安物の傘の半分くらいの軽さに感じた。 その代わりお値段はほかの傘より若干高め。 それでもデザイン傘よりはぐっとお安い値段ですが。

コウイカのアヒージョ

たくさん釣れた時には冷凍にしているので、食べたいときに食べられる。 コウイカは冷凍しても釣りたてを食べてもさほど味が変わらないとても重宝する食材だ。 ポイントは冷凍する前に皮をむいたり、内臓を取り出すために水で洗ったりすると旨みが減ってしまうので、最低限の処理をしてから冷凍すると良いらしい。

BLUFIXXで釣り具修理便利かも

まだやってませんが、スプールエッジの補修。 置き傷ができて凸凹したところに時々ラインが引っかかったりしているような気がする。 そこをこのBLUFIXXの液体プラスティックで埋め、余分なところをふき取り、ブルーライトを照射するとこの凸凹が埋まるのではないかと...

エギンガーから送られたコウイカの写真にうずうず

釣り方もシンプルでご覧のように水深が深いところに落とすため、オモリをぶら下げています。 これがコツをつかめていない素人には難しく、正月にこっそり見様見真似でやってみましたがまったくあたりすらありませんでした。 別称スミイカと呼ばれるくらい墨を大量にはくので、注意してないと服が真っ黒になります。

2017正月 ウマヅラハギを胴突きで狙う

カワハギポイントにオキアミ、チヌパワー、粗挽きサナギ、チヌ用の集魚剤を混ぜて大量にばら撒くと、15分くらいたったあとから水面下に泳いでいるのが見えてきました。 エサはオキアミLサイズ、ウキに反応なくエサだけ消えていきます。 ターゲットは忍者のごとく忍びより、エサだけ取っていきました。 というかエサを喰っているのが見えてますが、ハリに掛かってくれないし、合わせることもできません。

2017正月 初日の出はカワハギ

胴突き仕掛けの2本バリにマムシをエサにして、底をたたく様にポンピングさせながら、時には動きを止め、あたりを待つこと10分程でハリ掛かりした。 シーバス用のルアーマチック柔らかめの先端が叩かれ、お目当てのカワハギであることがなんとなくわかった。

スポンサーリンク