六甲アイランドはまだまだマアジ釣れてます

早々にファミリーフィッシングの王道サビキの準備をして、娘と奥さんが釣り開始。 サバは釣れると横に激しく走り出すので、竿もかなりしなり楽しいのですが、暴れるので困ります。 サバが釣れることを予想して太めのハリスのサビキ仕掛けを用意していましたが、それでも仕掛けがグチャグチャにされました。 奥さんの竿にマアジがかかりました。

3連休最後はぶっこみサビキで食材確保、予定

その下にロケットカゴ、サビキ仕掛け、ナスオモリの順番になっている。 このロケットカゴはエサがでる窓を仕掛けを回転させて調節できるようになっている。 このカゴを水中でフローターが立たせるので、下に向かってアミエビが少しずつサビキ仕掛けの周りに落ちていき、エサと間違えて大きなマアジがハリをくわえてしまうという優れものだ。

須磨で格闘3時間!カワハギゲット!

目を覚ますと不覚にも明るくなっていた。 早朝タチウオを急遽変更し須磨にカワハギを狙いに行くことにした。 電車にのり7時30頃須磨駅に到着すると、いつもの吉川釣具店さんでアオイソメを購入。 取り込まれていたので、情報をお聞きすることなくカワハギがいそうな突堤へ行きました。

六甲アイランドでサビング?

アジをワームで釣るのがアジング、メバルの場合メバリング、カマスの場合カマシング、ではサバは? 名前の最後の文字の母音をiにして発音するものと推測するとサビングが正解でしょうか? その後も2匹ほど追加しました。 25cmほどのサイズのサバはご存知のようにかなり走ります。

マアジ釣れすぎ注意 兵庫突堤

サビキ仕掛けの4号を使い、カゴは8号、もちろん4.5m磯竿なのでリール使ってます。 アミエビをカゴに入れ海に放り込むとカタクチイワシ、小アジの猛攻を受け、3回ほどで痛恨の仕掛けもつれ状態に。 もう海面から底までウジャウジャいます。 仕掛けのサイズも太さも関係なさそうです。 サビキ仕掛けの6号に付け替えました。

スポンサーリンク