六甲アイランド ボウズ逃れのキュウセンベラ

今回も前回の釣行と同じくカワハギねらいで、あわよくばタチウオもと考え、六甲アイランドへ行くことにしました。

早朝?2:30起床。

6時頃から雨の予想だったので、カッパ持参でレインシューズを履いて出発です。

いつものごとく、フィッシングマックス芦屋店へ立ち寄り、アオイソメのみ購入しました。

スポンサーリンク

未明のタチウオ不発

六甲アイランドのデカパトス駐車場の西側に4時頃車を止めた時には、すでに先客が10台ほどあり負けてはいられないと、南側の公園までそそくさと300mほど歩きました。

まずはタチウオの仕掛けです。

グローブライド SPORTLINE DG 波止カゴ遠投 4-450ダイワ リバティ 2500、ラインはナイロン4号、電気ウキ5号、オモリ2号、ハリは伊勢尼の13号、ハリスはフロロの5号。

今回はこれにケミホタルの変わりにルミカ 水中集魚ライト 小 S型?‐マルチをつけました。

餌は以前、芦屋浜で釣って冷凍しておいたサバの切り身を使いました。

先日カワハギが釣れたカフェの前あたりに投入しました。

この場所はカフェの横の自動販売機とトイレが近くて便利です。
・・・・
・・・・
・・・・
真っ暗な中、電気ウキが寂しく浮かんでいます。

左右10名ほどずつ人がいらっしゃいましたが、皆さん暇そうにタバコをふかしたり、コーヒーを飲んでみたりと退屈そうにしています。

結局、周りの方々含め誰もタチウオは釣れてませんでした。

どうやらフィッシングマックスを始め色々な釣果を見ても、この日の朝は渋かったようです。

タチウオあきらめカワハギか?

6時過ぎに段々明るくなってきたので、残念ですがタチウオは次回にお預けとすることにし、カワハギ狙いに切り替えました。

仕掛けは前回と同じく、ダイワ小継せとうち 2-39・Nシマノ ’11エルフ C3000、ラインはPE0.8号、リーダはフロロハリス3号を1mほど。

これに胴突き2本仕掛けを結び、ハリはハゲハリの2号にしました。

前回カワハギを釣った釣り方で、岸から3mほどのところを底まで落として、竿を上下して誘いをかけますが前回と違って全く反応なし。

岸の際も反応なし、少し投げても反応なし。

この日はカワハギも渋く、周りの皆さんもカワハギ狙いに切り替えていたみたいですが、誰もつれていません。

ときどき、サビキの方がポツリ、ポツリとアジらしき魚を釣っていました。

六甲アイランド沖800mに東西4.5Kmにも及ぶ神戸第七防波堤です。

肉眼で確認できるところで10人ほど釣り人がいらっしゃいました。

きっとこちらとは違い沢山魚がいるんだろうな~

と、とても羨ましく思いながらアタリを探ります。

前回の反省として、「当たりが無いなら足で稼ぐ」を実践しました。

5m移動しては周囲を探り、当たりがなければまた移動です。

前回釣行で最後に釣れたあたりで当たりがありました。

やっとボウズ回避のキュウセンベラ

ハリは小さくしているのですが、ハリ掛しません。

壁際であたります。

これはもしかするとカワハギかと思いながら、しつこく仕掛けを落としていると、8時30分頃かろうじてキュウセンベラが掛かってくれました。

久々のボウズかと気をもんでいましたがラッキーです。

雨の中の釣りで、公園で釣っている人も少なくなってきたので、潮時と思い納竿といたしました。

やはり晴れている日のほうがいいなーとつくづく思いました。

次回は大漁を狙いたいと思います。

アジキスかな?

釣行データ

2014/11/09(日) 4:00~9:00 日出6:27 雨 大潮 気温15度

2:00 干潮 ( 0.0 m ) 8:30 満潮 ( 1.6 m )

14:05 干潮 ( 0.9 m )  19:45 満潮 ( 1.5 m )

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク