次回釣行 須磨海岸で大漁計画

須磨 釣り先週の六甲アイランド釣行でかろうじて1匹のみキュウセンベラを釣って、ボーズは逃れたものの、もやもやした気持ちを引きずっています。

そんななか、またもや弟から釣果情報が送られてきました。

イシモチマゴチは船での釣行。

20cmほどのアジメバル、隠れてますがカワハギは父と一緒にサビキで。

23cmのガシラはルアーでと。

とっても充実した釣り三昧を送っているみたいです。

まあ、島に住んでいるのだから納得ですが。

こちらも負けてはおられません。

確実に数を伸ばせる場所でなければなりません。

でも、アジなど回遊魚頼みでは運に任せるほかなくなるので、場所に固定された魚。

キスキュウセンベラなどある程度エリア限定で数が狙える魚。

少し釣り方が違いますが、カワハギもエリア絞れば数が釣れると思います。

あとは、テトラ周り、岸壁の際など狙ってロックフィッシュ(ガシラソイメバル)。

となると須磨周辺が思い浮かびます。

ここならば、あわよくばカレイも釣れるかも。

今週11月13日のビックフィッシングで10月半ばのキス釣りが放映されたために、かなりの数の人が釣りに訪れているそうですが。。。。

あとは、奥様の許しがでずに、須磨まで行くことが許されぬ場合近場ならば、芦屋浜でサヨリ、武庫川でハゼなど数釣りができます。

でもやはり美味しい魚が食べたいので、平磯海づり公園でカワハギウマヅラハギメバルを狙いたいな~

妄想が募るばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク