須磨、チャリコの猛攻に超苦戦!

風が強そうなので今週末は止めようと思っていたが、次週は稲刈りの手伝いなので、今週行かねばと思い電車に乗り込んだ。

9時過ぎに須磨に到着。

いつものように吉川釣具店さんで餌を買い、キスの情報を入手。

いつも西のほうが良いようだが、2か月ほど釣りできなかった海水浴場は何とも言えないとのこと。

西へ向かった。

スポンサーリンク

釣り人復活

須磨海岸は海の家解体中だった。

夏の名残を惜しむ人はまだ泳いでいたが、約2カ月我慢していた釣り人がたくさん来られてました。

駅前突堤

ちょうど満ち潮が引いていき、駅前の突堤が海面に現れてきたところだった。

早速、シマノ ロッド ルアーマチック スピニング S80Lに0.6号のPEラインを巻いたシマノ リール 15 セドナ 2500Sを取り付け、ささめ針 エアーシンカー 18に50cmほどの1号ハリス先にキスバリを結んだ。

まずは、1本バリで探ることにしてみた。

突堤の先に行き、足元を見ると小アジがウジャウジャ泳いでいる。

サビキの方はすぐに2連、3連と連掛けで釣り上げられていた。

私は、石ゴカイだったが、早々小アジがかかった。

別のポイントに投げると、キスとは少し違う引き、少したたき気味。

この日のメインキャスト、チャリコ様です。

海底には結構海藻があり、半径50mほどを探ったが、キスのあたりはなく、チャリコばかり10匹ほど釣り上げすべてリリース。

30分程であきらめ、須磨浦漁港の西に向かった。

須磨浦漁港西

須磨浦漁港の西側、須磨海釣り公園までの間で、30人くらいの人がキスを釣っていた。

私も漁港に近いところから始めた。

ここはキスの実績ポイントなので釣れることを期待したが、かかるのはチャリコ様。

7cm~10cmほどのチャリコ様を30匹くらい釣りました。

西側で1.5時間ほど粘ったところでやっとエサをひったくるような本命の引き。

波打ち際にほっそりとしたきれいな白い魚体が見えてきた。

念願の一匹!

正真正銘15cmほどのシロギスです。

思わずガッツポーズ!

この後、連続で来るかと思ったが、まったくダメ。

まわりの方々もほとんどチャリコばかり、1匹だけキスを目撃したしだい。

漁港の堤防から釣られていた方もチャリコばかりとおっしゃってました。

地元のオジサンもここ数日はチャリコばかりとのこと。

場所を再び移動し千守突堤に望みをかけることに。

起死回生なるか千守突堤

千守突堤への移動途中、漁港エリアで探るもまたまたチャリコ様。

一体どこから湧いてくるのやら。

もしかすると2週間前に行った、栽培漁業センターで飼育した稚魚なのでしょうか???

千守突堤へ到着。

サビキをされているファミリーが多いです。

アジはまあまあ釣れていそう。

チャリコ様も2匹、3匹とサビキについてます。

私は相変わらず石ゴカイで狙うものの、ここでも例の魚ばかり。

結局ここでもチャリコ様20匹ほど。

アジも少々石ゴカイで釣り上げた。

尺アジも須磨の海岸で釣れているそうなので、夕方の時合まで待てば期待できるが、釣った食材を夕飯までに持ち帰るために泣く泣く15時で切り上げることにした。

夏の終わりを感じながら楽しむことができた一日でした。

天丼

ひとり分にも満たない食材だったが、下の娘との約束を果たしキス天。

ついでにアジも天ぷらに。

不足した天ぷらは丸亀製麺で購入。

とり天、ちくわ、サツマイモ、天丼のタレも。

とっても美味しくいただくことができました。

日曜日も天気がいいみたいなので、サビキのアジをメインにすると食材には困らないと思います。

釣行データ

2016/09/03 土曜日 9:00~15:00 晴れ

中潮 7:40 満潮 ( 1.7 m ) 14:20 干潮 ( 0.4 m ) 20:30 満潮 ( 1.6 m )

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク