カワハギ食べたい、ひとりで作戦会議

最近、毎週のように釣りに出かけていましたが、色々な行事があり今週はお休みです。
そこへ弟から釣果の便りがあった。

相変わらず美味しそうな魚を釣っている。
アジイシモチチャリコウミタナゴ

ここらへんからスイッチが入り、

なにぃ~?メバル

しかも大きい。

お〜ウマヅラハギでかい!

こっ、これは大本命のカワハギではないか〜

スポンサーリンク

マイブーム、カワハギ

今一番釣りたいのが、刺し身にできるサイズのカワハギだ。

去年は不発、今年は10月のはじめに釣ったが、サイズがいまいちでお吸い物止まり。

最低18cm以上で、キモパンのを釣りたい。

今年はカワハギの当たり年のような気がする。

色々な釣り場の釣果を見ていると、カワハギの話題が例年と比べ多いような。

弟の話でも今年はカワハギがよく釣れるとのこと。

なので、今回はカワハギのハリについて、ひとりで作戦会議です。

ハゲバリ

下の写真は左上がアジのハリ、左上がキツネバリ、左下が掛けタイプのハゲバリ、右下が喰わせタイプのハゲバリ

ちなみに吸わせタイプのハゲバリもあるが、キツネバリがベースの様だ。

合わせて掛けるタイプのハリはアジのハリと比べ、ハリの先端のみ細く鋭くなっており、少し離れて小さい返しがついている。

懐が開いていてカワハギのあたりをキャッチしたときに合わせを入れると、チモトに結んだラインが上に引っ張られ、鋭いハリの先端がカワハギの上あごに掛けられるようになっている。

こちらが今回買った喰わせタイプ。

先端部分は小さく丸まっており、そのままカワハギの口に入り込むような形状をしている。

エサを吸い込んでホバリングしながら後ろに下がった時に、おそらく口に掛かるのだと思う。

カワハギを合わせを入れて釣るのは素人には至難の業なので、勝手に喰って口にハリ掛かりしてくれるのはとてもありがたい。

初心者にはこちらがお勧めかもしれません。

ムツバリ?

ハリの形状をよ~く見ると、ムツバリやんけ~っと、思わず言ってしまった。

大きさはかなり違うが、形状はそっくり。

魚の大きさに合わせると、違う名称のハリとして扱われるのですね。

なるほど、商売上手です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク