須磨でカワハギ釣れた2016

神戸マラソンがあった2016/11/20(日)に久々の釣行だ。

いつもように始発の電車で須磨海岸へ、6:15に到着。

国道2号線がマラソンで封鎖されるので、おそらく電車釣行の方が多かった。

吉川釣具店さんでマムシとアオイソメを購入し、近くの突堤に向かった。

スポンサーリンク

ウマズラハギウジャウジャ

釣り開始はちょうど夜明けくらいとなった。

海面にたくさんのメバルウマズラハギが浮いている。

運良くとっていの先端は私一人。

早々に仕掛けの準備をして胴突き仕掛けのカワハギの掛けバリにマムシをエサに、底まで落とすと早速あたりがあった。

タイミングを合わせ、掛けたのは期待外れのマイクロガシラ

小物釣り師、いつもの調子です。

コツコツとカワハギらしいあたりがありますが、合わせが間に合わない。

というかコツと当たった後では私の反射神経では合わせが間に合わない。

20分程であきらめ、喰わせタイプのハリに変更した。

予想通り、ハリに勝手にかかってくれる。

小さめのが釣れた。

続いて刺身サイズ、お腹のキモは膨らんでいる。

30cmを超えるウマズラハギも泳いでいるが、こいつはマムシに見向きもしてくれない。

エビ系のエサのほうが好きなのかもしれない。

カワハギ漁?

原チャリのご夫婦登場。

でた~ん、ハゲカケバリ!

アミエビで寄せて大きなハリでひっかける、これは釣ではなくもはや合法的な漁だ。

面白いくらいウマズラハギが寄ってくる。

何も知らないウマズラハギはあえなくおじさんにお腹のあたりをひっかけられている。

スレているのか?不思議なことに、大きなウマズラハギは寄ってこない。

こいつはハゲフカセで試してみるか?

そんなんことを思いながら数を伸ばしていった。

場所を色々変え探りながら、偏光サングラスで底をのぞいてみると、大き目のチヌが2匹泳いた。

ここではやはりフカセをやってみたいと思いつつ、今回の主役である肝醤油の刺身のためにひたすらカワハギを狙った。

神ってるの知らせ

奥さんと娘はこの日、宝塚市主催の宝塚歌劇を見にいってたが、LINEで知らせが届いた。

座席は抽選だったのだが、最前列の真ん中、普段の講演ではファンクラブの常連さんが席を抑え絶対に撮れないとこらしく、神ってるとかなり興奮気味だった。

神っているのはそれだけではない。

弟からもLINEで写真が...

...

いつもの通り、神がかり的な釣果。

更に神ってる?

逆の意味でも神っていた。

結構な数のハオコゼが釣れていたが、毎回慎重にプライヤーでハリを外してました。

たった一回、魔がさしたのか尾を足で踏み、手でハリを外してしまった。

チクリとヒレが当たった感触が...

また、やってしまいました、2回目です。

幸い毒を絞り出したので、激痛までには至らなかった。

逆の意味で神ってました。

そんなことをやりながら須磨での釣りを楽しみ、14時納竿とした。

今回の釣果は

カワハギ 4枚 小さいカワハギ 3枚はリリース
キス 1匹

キュウセンベラ 2匹

チャリコ 1匹

ガシラ 1匹

ハオコゼ 6匹はすべてリリース。

大き目のカワハギ3匹とキスを悪戦苦闘しながら刺身にした。

もちろんキモは丁寧に取り出し、醤油、ポン酢に入れ肝醤油完成。

濃厚な肝醤油でカワハギを堪能した。

良い一日となった。

釣行データ

2016/11/20(日) 06:30~14:00 曇り 気温19度

中潮 4:25 干潮 (0.2m) 12:05 満潮 (1.3m) 17:25 干潮 (1.1 m)

ロッド:シマノ ロッド ルアーマチック スピニング S80L

リール:シマノ リール 15 セドナ 2500S

ライン:PE0.6号

カワハギ仕掛け:胴突き 2本バリ、オモリ5号、

がまかつ 競技カワハギ くわせ 4.5号、ハリス2号

キス仕掛け:キス天秤、オモリ5号、キスバリ 7号、ハリス1.5号

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク