ぶっこみサビキ一覧

六甲アイランドのめくりアジ攻略方

2017/06/18に六甲アイランドでめくりアジ5匹を釣り上げた。 サイズはいずれも20cm以上、最大22cmと少し小ぶりなのかもしれないが、黄金の輝きがあり、体高が高く、お腹を開くとびっしりと脂が詰まっていた。 刺身にして食べると今まで食べてきたアジの中では最高レベルの味わい。 このめくりアジの釣り方についてあくまで素人の発想だが、まとめてみる。

行先変更 六甲アイランドでデカアジGET!

この時点でクーラーボックスは3/4くらい埋まっていたが、エサが残っているので仕掛けを自作ぶっこみサビキに変え、20m~30m沖に投入し、少ししゃくりを入れては待ち、またしゃくりを入れて待つという作戦にした。 ポツリ、ポツリと追加しているのを見られていたおじさんが声をかけてくださいましたが、ぶっこみサビキに気づかれました。

大アジならずも秋の味覚を食す

最近マイブームのぶっこみサビキ仕掛けで、水深が深いであろう沖合に投げ込んでみる。 大半は遠投のウキ仕掛けだったが、あたりはあまり無いようだった。 私のぶっこみサビキには、忘れた頃にあたりがある。 足元に落とした仕掛けでは釣れない場所なので、多少効果はあるとは思うのだが、お目当ての大アジは喰らいついてくれなかった。

3連休最後はぶっこみサビキで食材確保、予定

その下にロケットカゴ、サビキ仕掛け、ナスオモリの順番になっている。 このロケットカゴはエサがでる窓を仕掛けを回転させて調節できるようになっている。 このカゴを水中でフローターが立たせるので、下に向かってアミエビが少しずつサビキ仕掛けの周りに落ちていき、エサと間違えて大きなマアジがハリをくわえてしまうという優れものだ。

アジぶっこみ仕掛け

今週末はまたお天気悪いみたいです。 釣行は無理かもしれませんが、かねてより考えていたアジの投げ釣り仕掛けを作ってみました。 小さ...

スポンサーリンク