【釣行記】須磨海岸一覧

キス釣り準備 須磨に行こうかな

GWが過ぎてとても良い天気が続いている。 とってもすがすがしい気候というより、すでに夏に近いような気温になりつつある。 夏といえばキス釣り。 GWは残念ながら釣ることができなかったので、明日の日曜日には必ずや釣って見せよう、キスの天ぷら!

須磨海岸で根魚連発!

正月に帰省して以来、実質的には今年の初釣りです。 須磨海岸に到着すると、真っ先に吉川釣具店さんへ向かいました。 アイナメを狙いたいので、エサに何が良いか教えていただき、マムシとアオイソメにすることにしました。 金曜日に須磨浦漁港でポンが釣れたとのことなので、アドバイスどおり須磨浦漁港に向かいました。

師走の平日須磨で落ちギス

するとおじさんはクーラーボックスの中を見せてくれました。 中には立派なキスが、24㎝だそうです。 しかも5,6匹入ってました。 ご丁寧にどの辺を回遊していて、どのラインで仕掛けを引くと釣れるのだと教えてくださいました。

須磨の夜明けは渡船でとてもにぎやか、ガシラ、ハゼ

夜が明けてくるとにぎやかになってきます。 砂浜の沖にある一文字に渡船が行き来します。 一回あたり20名ほどがどんどん上陸していきます。 中には渡船ではなく、自家製のゴムボートで上陸している人もいます。 また、千守突堤からは乗り合いの釣り船がこちらも20名ほどを乗せて出港です。 朝がこんなににぎやかなのだとは知りませんでした。

極寒の須磨でメバル

おそらくテトラの上を歩いてもう少し水深がある海側に行かないと、魚はいないだろうと思いましたが、最近年齢のせいか自分が思っている以上にどんくさいので、怪我をしないようにあきらめ、須磨海釣り公園側の砂浜に下りて、サーフで魚をねらうことにしました。

スポンサーリンク