石垣島2017夏 伊野田漁港で釣れたのはイトヒキヒイラギ

2017/08/11の夕方、娘たちを宿に残し奥さんと二人で石垣島の伊野田漁港へ釣りに出かけた。

あわよくば夕飯のおかずでも釣れればと思い、二人とも淡い期待を抱きながら白保から20分弱車を走らせ漁港へ到着。

セフィアBBと4号遠投カゴ竿しか持って行ってなかったので、エギングロッドはオモリとハリだけでシンプルに脈釣り、エサはイカの刺身。

カゴ竿はゼロ号のウキを付け、イカの刺身を自然にフォールさせて喰わすことにした。

空いていたので、釣り場は海に向かって右側の堤防の一番先、歩いて5分ほど。

皆さんもっと先の堤防で釣られていたが、ここではGT(Giant trevally=ロウニンアジ)が釣れたことがあるらしいので、GTでも狙っているのか?

スポンサーリンク

数投で正体不明の魚、イトヒキヒイラギと判明

奥さんは堤防の端から下にエサを落とし、底から少し巻き上げてあたりを待った。

時々コツコツとあたりがあるようで、そこそこ楽しんでいた。

私もすぐ近くでゼロ号のウキをじっと見つめてあたりを待った。

釣り人は総勢15人ほど、ちょくちょく釣り人を見ていたが釣れてなさそうな感じだった。

潮は中潮で一番ひいている状態に近く、防波堤のかなり下のほうに海面があった。

数投目に私のゼロ号ウキがスーッと沈んだ。

ひったくるようにウキが沈むわけでもなく、あくまでスーッと。

軽く竿を立てると何かがかかっているのがわかる。

小さいガーラだろうと思いながら、奥さんと一緒に魚が浮いて来るのを見守った。

白い魚体が水面に浮いてきたときに、予想通りガーラ系の魚だと思いながら抜きあげたが何か違う。

ガーラとは違い口元が下に向かっておちょぼ口だ。

ヒイラギに似ているが、背ビレが長い。

結局この魚の名前は4日後までわからなかったが、WEB魚図鑑でやっと見つけることができた。

IHさんが投稿したイトヒキヒイラギの写真です。投稿日:2016.12.04 場所:日本 沖縄県 南城市佐敷新開 写真番号:No.75415

イトヒキヒイラギらしい。

沖縄で釣れる魚らしいので、本州でお目にかかることはめったにないと思う。

ちなみに、魚みっけというアプリがあるので、スマホでも検索できようだ。

ただし、この写真のように少し斜めになっているとうまく判定できなようなので、横からしっかり撮ってみてください。

次の日の早朝リベンジを誓う

近くでラジオから流れる高校野球、沖縄興南対智弁和歌山の試合の模様を聴きながら、釣りを続けた。

対戦結果は6-9で智弁和歌山が興南を制した。

6-0からの大逆転だった。

智弁和歌山と同じく大逆転を狙ってみたが、望みかなわず夕飯時になったので引き上げることにした。

去年(2016年)も伊野田漁港で不発に終わったので、今年こそは何とか大きいのを釣りたい。

ひとりで心に誓い、漁港を後にした。

イトヒキヒイラギはリリースしたので、夕飯のおかずはありませ~ん。

スポンサーリンク