武庫川の様子 ハゼは順調 ファミリー向き

今日は英語検定の試験があり、娘を連れて武庫川女子大学へ行った。

試験時間が2時間半ほどあるので、武庫川でハゼの釣れ具合を見てみることにした。

とりあえず、前の日にはルアーで釣ることを考えていたが、フィッシングマックス武庫川店でハゼクランクの値段を見るととても高い、1,300円ほどだ!

にがっかりし、手持ちのパワーイソメのみを使って釣ることも考えたが、保険のために石ゴカイを300円だけ購入した。

スポンサーリンク

パワーイソメは喰いません

場所は阪神電車の武庫川団地の近くの河川敷です。

今回はいつものリーズナブルなアジングロッドにシマノ リール 15 セドナ 2500S、PEライン0.6号、フロロカーボンリーダにタングステンの7gのオモリ、メバルバリ7号で始めた。

開始早々はパワーイソメを試してみたが、10投くらいして全くあたりすらなかったので、早々に保険を使うことにした。

すると、コツコツとあたりが出始めたが、なかなかハリにかからない。

岸の近くはウジャウジャ

ポイントを変え、岸の近くを偏光サングラスをかけて見釣りすることにした。

岸の近くには岩がゴロゴロある。

その近くにそっと石ゴカイを垂らすと、2,3匹一度に現れてくる。

ウロハゼ?

ウロハゼ?

10㎝ほどの魚体がたくさんいる。

たまに白いマハゼ?

いまだに見分け方がわかってないです。

とりあえず、最初パワーイソメで狙った30分をのぞけば、石ゴカイでは1時間で10匹ほど釣れた。

ファミリーで狙うには

ルアーマンの方もいらっしゃいましたが、エサをつけての脈釣りが確実そうだった。

もしかすると、延べ竿でピンポンウキをつけて狙うともっと楽しいかもしれない。

270cmの竿で十分狙えます。

とりあえず、小さいお子さんに何か釣らせてやりたいと思うなら、サビキのように色々準備なくお手軽にできるハゼ釣りをお勧めします。

熱い季節になりますので、くれぐれも熱中症にはご注意を!

スポンサーリンク