大崎上島 2013正月 ちょい投げでイソベラか~?

昨日の晩、オキアミ、アミエビ、集魚剤を買い込んで、準備万端。

今朝は5:30に出発。いよいよ待ちに待った帰省です。

宝塚インターから中国道にのり、山陽道に乗り換え、広島県の河内インターで高速を降り、竹原港へ向かいます。

途中で弟から電話があり、エサは何が必要かと尋ねられたのでマムシとアオイソメを御願いしました。

フェリーに乗っておよそ25分、10:00頃に大崎上島に上陸。

実家についておじいちゃん、おばあちゃんにご挨拶。

弟家族も到着しており、早々に釣りの出発準備。

スポンサーリンク

いよいよ一日目第1回釣行

11:00~13:00 晴れ 野賀桟橋 12:00満潮

ここはかなり潮の流れが速いところです。

子供たちはサビキ仕掛け、私は安物の投げ竿2.7mに自作の胴突仕掛け(鈎グレ6号)、15号オモリ、餌はアオイソメ、マムシ。

弟はちょい投げ仕掛けで餌はこちらもアオムシ、マムシ。

桟橋から沖に向かって、力みながらエイッと第一投。

40~50m飛んで着水するも、激流にどんどん流されます。

うーんポイントが定まらん。

何度かキャストするも当たりなし。

でもこの投げたときの爽快感がたまりません。

その間弟は20cm前後のイソベラちゃんを2,3数匹釣り上げてました。

私はというと、15号のオモリが流され根掛かりしたので、投げではだめだと諦め、作戦変更しました。

先日買ったダイワ 小継せとうち 2号、3.6mに3号ライン、リール3000番、グレ6号バリ、ガンダマBに変えました。

餌はアオムシをつけ、桟橋から垂らし置き竿にしてました。

根掛した投げ竿の4号ラインをグイグイと引っ張って引き抜いている間に、置き竿が動いてます。

潮の流れのせいかと思いつつリールを巻き上げると、付いてました。

この桟橋ではあまりお目にかかったことが無い茶色い姿、何だこいつは?

弟に確認すると

そりゃアブラメじゃー。

と広島弁で。

25cmほどのアイナメ(=アブラメ)が釣れてました。

とりあえずの1匹、よーし3日間釣りまくるぞーと新たな決意をし納竿としました。

つづく。

スポンサーリンク