能勢の小川で川遊び

この前の日曜日に能勢に遊びに行ってきました。

奥様の実家近くには野間川という小さな川が流れています。

この川は水がきれいで、梅雨の時期には蛍が飛び交います。

先日お父さんに教えてもらったポイントに小学校1年生の下の娘とともに行きました。

能勢に行く前にあらかじめ池田のフィッシング1番で800円で売っていた2.7mの渓流竿と、ハリス0.4号、渓流鈎2号、

ヤマベチューブハエというわさびのチューブに入ったようなエサを購入しました。

仕掛はその渓流竿に道糸0.8号、極小のウキをつけ、サルカンに0.4号のハリスと海釣りでは全く使わない小さい小さい渓流鈎2号です。

1つ目のポイントは川をせき止めてできた水溜りですが、ここは少し水がよどんでいて魚の気配がありませんでした。

その堰の少し下流は川幅3mほどですが、地元でアカモトと呼ばれている小さなオイカワが群れて泳いでいました。

推定10cmほどのサイズです。

人の気配を感じるとすぐに逃げます。

なので身を隠すようにそっと竿を出しますが、竿が短いためなかなか気配を消せるだけ離れることができません。

慣れた人ならできるのかも知れませんが、渓流釣りなどやったことが無い人間にはかなり難しいです。

おまけに娘は石を投げ込んだりして、まったく魚が寄ってきません。

その石の下には何の幼虫かわかりませんが、芋虫のような体長2cmほどの虫がいます。

それを鈎につけて粘ってみましたが、残念ながら結果は同じでした。

雨もポツポツと降り始め、娘が

お母さんが心配するから帰えろうよー

と。

どうやら釣れないので飽きてしまったようで、30分ほどで終了としました。

前回に引き続き、川の魚は釣れません。

私にとってはかなり難易度が高いように思いました。

次回までにはもう少し研究して、何とか1匹釣上げたいと思います。

スポンサーリンク