六甲山カンツリーハウスで涼を楽しみながらカープフィッシング

今日はお盆休みの3日目。

奥さんは仕事で長女は塾。

下の小学2年生の娘とともに、六甲山カンツリーハウスで開催されている真夏の雪祭りに行くことにした。

スポンサーリンク

真夏の雪祭りお宝ゲットなるか

このイベントは毎年行われており、人口降雪機で作った雪を30m四方で暑さ1mほど積み上げ、その中に宝物を埋めそれを探すというイベントです。

ジュースや飴、団扇におもちゃなど埋まっているよ。

現地には10時に到着し11:30の開始までに時間があるので、まずは恒例のコイのエサやりから。

モナカの中にウサギのえさのようなグリーンピースくらいのエサが入ってます。

それを見せるだけで写真のようにコイが群れてくる、きしょ~い。

お次も定番の足漕ぎボート。

10分650円とちょっとお高いが、先ほどのコイの池をぐるっと一周できる。

ボートにもコイがエサ欲しさに寄って来ま~す。

もう、完璧に人間に飼いならされているようだ。

お宝を雪の中に埋め込む作業を見るため、11時前には会場に向かった。

娘も真剣にどこに埋めるのか記憶している。

私も頭の中にしっかり位置を埋め込んでさ~開始!

まずは幼稚園以下の一人でお宝を探すことができる子から。

雪面に出ている景品はほぼ根こそぎ持ってしまう。

つづいて、小学生。

娘に雪の外から位置を指示するものの、なかなかお宝は見つかりませ~ん。

人もかなり多く、こんな中でお宝を見つけるのは無理かも~!と思いながらも場所を変え掘り続けた。

この近くに確か深く埋めたはずと、家族に話しているお父さんの声が耳に入ってきた。

この一言を聞いて、もしかするとあるかもと思いながら適当に雪を掘っていると、突然ズボッとスコップが入るところがあった。

注意深く雪をのけていくと、黄緑のプラスティックが見えてきて、続きを娘に掘らすと運良く出てきたよ~。

弁当箱、パパ的にはほっとした。

気分良くお昼を向かえ、草の絨毯が敷き詰められた山の斜面でレジャーシートを敷き、手作りのおにぎりを二人でほおばった。

高原の風はとてもすがすがしく、下界のうだるような暑さとはまるで別世界だ。

しばし極楽を楽しんで、釣堀に行くことにした。

コイの釣り堀リベンジなるか?

前に一度挑戦したが、そのときには全く魚はかからなかったこの池。

今回はリベンジだ!

釣り場は予想外に人が多く、30名ほどは釣り糸をたれていた。

この釣り場では竹竿とその先に結ばれた糸、ウキ、オモリ、ハリをレンタルし、エサがついてくる。

このエサは作りかけのパン見たいに、主成分は小麦粉で練りあがって少し発酵しているような感じだ。

レンタル場の反対側へ歩いていくと、いきなり小学校高学年くらいの女の子が40cmほどのヘラブナを掛けていた。

どうやらタモを持っていなかったらしく、ちょうど通りかかった私がタモ入れをすることに。

無事すくい上げハリをはずしてあげるとキャーキャー喜びながらも、大きな魚の取り扱いに苦戦してました。

一応釣れるんだ~と思いながら私も開始。

ここのメインはコイ

大きいのは70cmほどはありそうだが一度も釣れたことが無い。

小魚はツンツンひっきりなしにエサをつついて来るのだが、コイは見向きもしない。

たま~に少しくわえて引っ張るが、ハリがかりはしない。

近場がだめなので、ウキが届くぎりぎりの3mほど岸から離れたところに仕掛けを投入すると、水中から泡を吐きながらコイが近づいてくる。

次の瞬間強烈な引きが...!

竿を立てて応戦するもハリスが切れた。

The End!

一応娘もパパに大物が掛かったところを見てくれていたみたいで、惜しかったね~と言ってくた。

その後もしばらく娘は沼エビらしきエビや小魚を網ですくっては楽しんでいた。

15時頃になると遠くで雷が鳴り始めたので、豪雨にならないうちに引き上げることにした。

猛暑の中涼しい高原での釣りは格別。

是非皆さんファミリーで楽しまれては。

六甲山カンツリーハウス釣り堀での釣果は?

は、はは~、今回もなしです。

次回、いつ行けるかわからないけど...

何となく釣れるような気がします。

釣行データ?

2015/08/10 気温30度(下界では気温37度)

スポンサーリンク