立杭焼きとユニトピアささやまの釣り堀

この土日にカワハギを釣りに行くつもりでいたが、土曜日には井田寛子さんの2050年の天気予報という講演、日曜日にはユニトピアささやまへ行くのを忘れていた。
なので、今週はお預け状態。

ユニトピア篠山へ行ったお話です。

スポンサーリンク

平成の古田織部か

自宅から丹波篠山へは宝塚の山を通っていきますが、途中で釣り堀発見!

つり大池 宝塚市大原野字走坂2-1
3000坪の大きな池、道具、エサ付 2時間¥1500(税込)
【釣り券】 半日 2000円(税込) 1日 2500円(税込)
【営業時間】夏 6:30~17:00 冬 7:00~16:30

だそうです。

ここは一度行ってみたいところですが、今日はぐっと我慢。

1時間ほどで、立杭 陶の郷に到着。

まずは陶器づくりの体験から。

目指すはこんな作品です。

娘も、私も陶器づくりは経験済みですが、そう簡単に写真のような作品ができるわけでもなく、平凡な出来具合。

出来上がりは年末になるとのこと。
色付けはお任せなので、もしかしたら色付け次第で古田織部の作品のようになるかも...

ギャラリーで目の保養と自宅用の陶器を購入。

素晴らしい作品ばかりでした。

ユニトピアささやまでのんびり

始めてきましたが、かなり広大な敷地にテニスコート、プール、アスレチック、釣り堀などあり、立派なホテルもあります。

到着早々、のんびりするどころか、ハードなアスレチックへと向かうことになりました。

コースは篠山城探訪コース(19ポイント)、助太郎さん民話コース(20ポイント)の2つあり、そのうちの篠山城探訪コースに小学3年生の娘と向かいました。

このコースは山あり谷あり、やぐらを上ったり、吊り橋を渡ったりとかなりの運動量となります。

途中、林の茂みでガサガサ音がしていたので、見上げてみるとサルが逃げていくところでした。

野生のサルまで生息する、さすが篠山!

悪戦苦闘の連続を無事終了し、ホット一息。

お目当ての釣り堀へ

今週の釣りはここにしようと思ってましたが、行ってみるとなんだか釣れてなさそう。

確かニジマスが釣れるとのことだったと思うが、看板を見てみるとニジマスは12月からだそうです。

今のシーズンはコイ

1竿餌付きで510円、六甲山カンツリーハウスの1,000円よりは安いですが、う~ん狭いし釣れてなさそうだし...

今日はあきらめました。

おとなしく帰路につき、次週の釣行に備えることにしました。

【追伸】

年末作品が届きました。

スポンサーリンク