シリコンスプレー効果ありだが安物ガイドでラインブレーク

先日、KUREシリコンスプレーを吹きかけたPEライン0.6号をリーズナブルなロッドで使ってみたが、滑りはよく快調に使えた。

しかし思わぬ落とし穴があった。

釣りをしている最中にそれに気づいてしまったのだが、PEラインが今にも切れそうな最悪の事態。

悪くなった部分をカットしてラインをつないで使ってみたが、それは1か所だけではなかった。

スポンサーリンク

ラインブレーク寸前

ちなみにKUREシリコンスプレーを吹きかける前のPEライン。

結構毛羽立っている。

スプレーを吹きかけると、毛羽立っているところがまとまっているように見える。

これが問題のラインブレーク寸前の部分。

PEラインを構成している細いラインの数本が切れているようだ。

拡大するとこんな感じ、4本ヨリの2本が切れている。

これでは安心して釣りができない。

この原因を探るべく、ラインにダメージを与えていた要因を探ってみた。

犯人はロッドのガイド

まず疑ったのは釣り場の足元、岸壁にへばりついている岩ガキイガイ

釣りをしていた時を思い返してみたが、ラインを回収しているときに足元には引っかかってなかったような気がするので、これが原因ではない。

次はリールのスプールエッジ

一応指先でなぞってみてザラザラ感はなかったのでこれも違いそうだ。

最後に疑ったのはロッドのガイド。

よく見てみるとひどい状態になっていた。

購入してから既に4年以上たっている。

安い外国製のロッドだったので、ガイドもFujiのものが使われているようではなさそう。

OLYMPUS-TG4の顕微鏡モードで拡大して撮影してみた。

トップガイドの表面は一応滑らかそうで、PEラインにダメージをあたえそうな感じではない。

でも錆びついていてかなり状態は悪そうですね...

一番下から2番目のガイドが白っぽく、コーティングが剥がれているようだ。

もう少しだけ拡大してみると、ガイドの表面がガタガタしている。

キズが付いたのか、摩耗してこうなったのかわからないがかなり状態は悪そうだ。

おそらくここに引っかかってラインがズタズタになったに違いない。

前から気になっていたが、こんなに細かく観察したことがなかったので見落としていた。

おそらくラインは使い物にならないくらい、全体的にダメージを受けているはず。

対策はガイドのチェックと使用前のコーディング

ガイドをすべてSicにすれば良いのだろうが、安いロッドにお金をかけるのはもったいないので、ガイドが傷ついていないロッドを使うのが現実的だと思う。

後はキズが付いていないガイドに、いかにダメージを与えないように使うか。

ここで再びKUREのシリコンスプレーの登場。

やはりこいつでPEラインの滑りを良くして、摩擦でガイドが傷つかないように気をつけるしかなさそうだ。

ちなみにその滑りは実証済み。

リールのメンテナンスで床に吹こぼれたシリコンスプレーの上に、靴下を履いた足が乗ってしまい思いっきりひっくり返った。

恐るべし呉工業!

摩擦係数激減、日本のテクノロジーは健在した。

スポンサーリンク