須磨で格闘3時間!胴突きでカワハギゲット!

目を覚ますと不覚にも明るくなっていた。

早朝タチウオを急遽変更し須磨にカワハギを狙いに行くことにした。

電車にのり7時30頃須磨駅に到着すると、いつもの吉川釣具店さんでアオイソメを購入。

取り込まれていたので、情報をお聞きすることなくカワハギがいそうな突堤へ行きました。

大潮の満潮なので突堤はやや沈み気味。

突堤では家族連れのみなさんではサビキ釣りでアジ狙い。

防波堤の上に陣取り、SHIMANO(シマノ) ロッド ルアーマチック スピニング S80Lに0.6号PEライン、リーダはフロロ3号を1mほど。

サルカンを挟んで自作胴突き仕掛けに蛍光オモリ3号を結んだ。

最近の吉川釣具店さんの釣果を見てカワハギが15cmくらいまでと思い、ハリはハゲバリ1号にした。

スポンサーリンク

カワハギとの格闘開始!

周りでカワハギはおひとりだけ。

アミカゴの下にハゲかけなる最強の道具を使ってました。

こいつにかかると、カワハギも一網打尽。

とまでも行かないものの、かなりの確率で魚体にハリをかけることができます。

私のほうは集魚効果のあるアミエビも使わず、1号のハゲバリをアオイソメで喰わすので、あたりがあって合わせを入れてもなかなかかかりません。

コツッときて合わせても遅いので、エサをつつく間合いに合わせ、老朽化した神経伝達システムを駆使し30分ほどかかって、ようやく15cmほどのカワハギを釣り上げました。

アベレージサイズかと思いきや、小物釣り師がこれで終わるわけがございません。

おそらく新記録、4cmほどのマイクロカワハギだった。

この後もウマズラハギやら

おなじみの魚たち。

ベラ

厄介者、ハオコゼには気を付けましょう。

こいつにうっかり触れると大変。

激痛が走ります。

浮いたカワハギと宙釣りで対決

しばらく底で格闘していましたが、海面近くまで浮いているカワハギを発見。

海面から2mくらいオモリを沈めるとエサを上下させると、ホバーリングしながらエサを追従する貪欲な魚影が3匹ほど。

上下をストップするとエサをくわえに来るが、手に感触は伝わってこない。

流石、エサ取り名人!

ハリをカワハギの口よりも小さいと思われる、ハゲバリ1号の半分くらいしかない渓流バリに変え、向こう合わせを期待したがそう簡単にはいかない。

か細いハリはフグにハリを食いちぎられてしまった。

ならば逆転の発想、2号のハゲバリに変えてみると、たまたまだろうか1匹追加。

その後もサイトフィッシングでエサをくわえる瞬間にタイミングを合わせ、20回だか30回だか忘れましたが、ポツリポツリとカワハギウマズラハギを追加した。

須磨海岸の釣果は?

ウマズラハギは3匹はリリース。

他、チャリコベラフグハオコゼはリリース。

残念がらサイズが小さかったので刺身は断念。

澄まし汁の具兼出汁として美味しくいただいた。

今回は15cmが最大だったが、18cmくらいのサイズも釣れているようだ。

次回釣行時には刺身が取れるサイズを釣り上げ、肝醤油でいただきたいと思う。

釣行データ

2016/10/02(日) 07:30~10:30

晴れ 気温28度 大潮

7:40 満潮 ( 1.6 m )  13:55 干潮 ( 0.6 m )

【メインロッド】

SHIMANO(シマノ) ロッド ルアーマチック スピニング S80L

スポンサーリンク