マゴチは須磨でルアーのターゲット?

またまた釣りの師匠である弟から報告があった。

先日小メバルを父とあわせて22匹釣ったと。

いつものことなので驚かないが、メタルジグで80cmのヒラメを釣り上げた人がいたと。

いつも実家に帰ったときに行く釣り場に、そんな大きなターゲットがいたなんて。

ここ数日で弟自身がメタルジグでサクッとシログチマゴチを釣り上げた。

スポンサーリンク

身近なルアーのターゲットシログチ

シログチはニベ科のシログチ属の魚で体長は40cm前後になるようだが、釣れるのは30cm前後が多いように思う。

関東ではイシモチと呼ぶようで、関西でもイシモチと呼んでいる人もかなりいるようだ。

自分自身釣り上げたのはルアーではなく、ちょい投げで釣っていた時に偶然ムシエサで釣れた。

エサ釣りの場合はキビナゴなどをエサにして、専門に狙っている人もいる様だ。

釣り上げたシログチはウキ袋をグーグーと鳴らす。

意外と大きいので釣りのターゲットとしては面白い。

そんなシログチを弟は今回メタルジグで釣り上げていた。

今回釣り上げたのは30cmのシログチ

去年、六甲アイランドでルアー(ラパラCDだったと思う)で釣り上げていた人もいた。

偶然釣れたようだったが、狙うと意外と簡単に釣れるのかもしれない。

夏前の時期と秋口が良く釣れるようなので、今の時期ちょうど良いかもしれない。

身近なルアーのターゲットマゴチ?

身近か?

砂地に生息するマゴチ

最大で1m近くになるそうで、こちらも春から夏にかけてが釣れる時期となるらしい。

須磨海岸でも60cmくらいのが釣れるらしいが、自分が釣りに出かけた限りでは1度も見たことが無い。

でも須磨での釣りターゲットには加えたいマゴチだ!

エサ釣りならエビで釣ったり、メゴチの飲ませ釣りなどするらしいが、今回弟が釣ったのはこれまたメタルジグ

マゴチとしてはあまり大きくない33cm。

とはいえこれくらいのサイズが釣れれば結構楽しめそうだ。

ジグヘッドにワームでも釣れるらしいので須磨海岸で専門的に狙うのも面白いかもしれない。

ということで、忙しくてGWから釣りに行っていない禁断症状が発症前の報告でした。

スポンサーリンク