須磨釣り一覧

今シーズンの開幕戦、須磨に砂丘ができていた

何じゃこりゃ〜! いつものように吉川釣具店さんに行き、エサを買ったときに駅前のことをお聞きしてみた。 ご主人いわく、100m沖まで砂を入れるそうだ。 確かに砂がてんこ盛りになっていた。水深2mほどまで埋め立て、100m沖に砂の流出を防ぐための魚礁を置くとのこと。 5月19日まで工事が続くらしく、釣りへの影響がわかるのはGW開けてからになりそう。

須磨波高し、キスの数釣りならず!

左となりにはお母さんと娘(小学校4年生くらい)さんが来られ、 キス釣れないですか と尋ねられました。 あいにく、ここでは釣れてません。 と答えると、なななんとお母さんは高さ70cmのコンクリートの柵に上り、豆アジをワームで釣りはじめた。 これが釣れるんです、不思議なことに。

須磨海岸で根魚連発!

正月に帰省して以来、実質的には今年の初釣りです。須磨海岸に到着すると、真っ先に吉川釣具店さんへ向かいました。アイナメを狙いたいので、エサに何が良いか教えていただき、マムシとアオイソメにすることにしました。金曜日に須磨浦漁港でポンが釣れたとのことなので、アドバイスどおり須磨浦漁港に向かいました。

師走の平日須磨で落ちギス

するとおじさんはクーラーボックスの中を見せてくれました。 中には立派なキスが、24㎝だそうです。 しかも5,6匹入ってました。 ご丁寧にどの辺を回遊していて、どのラインで仕掛けを引くと釣れるのだと教えてくださいました。

須磨の夜明けは渡船でとてもにぎやか、ガシラ、ハゼ

夜が明けてくるとにぎやかになってきます。 砂浜の沖にある一文字に渡船が行き来します。 一回あたり20名ほどがどんどん上陸していきます。 中には渡船ではなく、自家製のゴムボートで上陸している人もいます。 また、千守突堤からは乗り合いの釣り船がこちらも20名ほどを乗せて出港です。 朝がこんなににぎやかなのだとは知りませんでした。

スポンサーリンク